災害時などに活躍する機動隊ってどんな仕事?

公共施設まっぷ
  1. 災害時などに活躍する機動隊ってどんな仕事?
2015年07月27日

災害時などに活躍する機動隊ってどんな仕事?

機動隊という言葉はよく聞きますが、どういった仕事をしているのか、ご存知でしょうか。

災害時などに活躍する機動隊ってどんな仕事?

機動隊とは何?

暴動などが起こると一警官では対応が難しく、なかなか収集することができません。そのため、騒動を鎮圧するために編成されたのが機動隊です。
既に起こっている暴動だけでなく、要人の警護や災害で治安が悪化しそうな場合などでも機動隊が活躍します。

機動隊は集団で団結することにより暴動を鎮圧しますので、集団行動や命令厳守が重要になります。そのため、強い縦社会となっています。体力や気力が必要なため、若い警官が中心となって構成されています。柔道や剣道など武術などでなにか秀でたものがある場合、特別訓練員となれることもあります。

機動隊には平時から治安維持などのために編成されているものと、災害などの緊急時に特別に編成されるものがあります。

機動隊はどこの所属?

機動隊は、警視庁や都道府県の警備部に所属しています。警備部とは名前の通り、治安維持や暴動鎮圧などを担当としている部署です。警備部には他に警備課、公安課、外事課が設置されています。ちなみに、警備部の中では機動隊が一番人が多いです。

機動隊の仕事内容

機動隊は、皇族や要人の警護や暴動の鎮圧、災害時の救助などが主な仕事になりますが、日常的な仕事は訓練が主になります。

機動隊は団結力や体力が基本となりますので、それを培う訓練は欠かせないのです。この訓練が厳しい為、機動隊を避ける人もいますが、団体行動や命令厳守が身につくため、進んで受ける方もいます。