保健所とは一体どういうことをする場所?

公共施設まっぷ
  1. 保健所とは一体どういうことをする場所?
2014年03月27日

保健所とは一体どういうことをする場所?

保健所と聞いても仕事内容がいまいちわからない方も多いかと思います。今回はそんな保健所の役割についてご紹介します。

保健所とは一体どういうことをする場所?

保健所とはそもそも何?

保健所は都道府県や政令都市などに置かれている公的な機関で、主に住民の健康や衛生を専門的に見ているところです。この保健所には医師や看護婦、薬剤師、言語聴覚士、獣医師、作業療法士など医療のエキスパートがそろっています。地域保健法により、設置が義務付けられています。保健所は医師が中心となって動いています。
市町村には保健センターと呼ばれる、保健所に似た機関があります。設置している市町村の住民の健康を維持するために設置されています。母子保健や老人保健が主になっています。

保健所の仕事とは

保健所の仕事は「対人保健」と「対物保健」です。
対人保健とは名前の通り、人に対するサービスで、予防接種や生活習慣の改善などを行っています。
対物保健は犬や猫などの動物や衛生に関するものです。狂犬病の予防接種や、野良犬や野良猫の管理、飲食店などでの衛生面での指導、川や湖などの水質のチェックなどを行っています。