大学と国立美術館を繋げるキャンパスメンバーズとは

公共施設まっぷ
  1. 大学と国立美術館を繋げるキャンパスメンバーズとは
2015年07月13日

大学と国立美術館を繋げるキャンパスメンバーズとは

キャンパスメンバーズに入会できるのは、原則として、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校、これらを設置する法人で、高等学校は入会できません。

大学と国立美術館を繋げるキャンパスメンバーズとは

美術に親しむ機会を提供しようとするもの

キャンパスメンバーズは、学校教育において美術館を有効活用することにより、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校の学生に対して、より一層、美術に親しむ機会を提供しようとするものです。東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館を運営する独立行政法人国立美術館によるサービスです。
入会できるのは、原則として、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校、これらを設置する法人で、高等学校は入会できません。入会単位は、場合により、学部、キャンパス単位でも可能となっています。会員期間は年度単位で、原則として4月1日から翌年の3月31日までで、年度途中からのご入会も可能です。

美術館の窓口で学生証を提示するだけ

特典の対象となる展覧会は、以下のような加入大学のメンバー区分によって異なります。

●5館利用の場合
東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館

●関東3館利用の場合
東京国立近代美術館、国立西洋美術館、国立新美術館

●関西2館利用の場合
京都国立近代美術館、国立国際美術館

●1館利用の場合
国立美術館5館のうち特定の1館

キャンパスメンバーズに加入している学校の学生は、美術館の窓口で学生証を提示するだけで、所蔵作品展は無料、特別展・共催展は割引で観覧することができます。学生証を忘れてしまうと、特典を受けることはできません。
なお、加盟大学一覧は、独立行政法人国立美術館キャンパスメンバーズのホームページで確認することができます。