美術館で美術作品とともに音楽も楽しむ

公共施設まっぷ
  1. 美術館で美術作品とともに音楽も楽しむ
2015年07月07日

美術館で美術作品とともに音楽も楽しむ

美術館の中には、絵画に囲まれた中で、または、館内のラウンジなどでコンサートを行うところがあります。

美術館で美術作品とともに音楽も楽しむ

同じ主題の絵画と歌曲を楽しむコンサート

美術館の中には、絵画に囲まれた中で、または、館内のラウンジなどでコンサートを行うところがあります。例えば、国立西洋美術館で過去に行なわれたコンサートのひとつに、カポディモンテ美術館展レクチャー・コンサート「絵画から聞こえてくる音楽」があります。このコンサートは、展覧会に出品されている作品をスクリーンに映しながら、展覧会を目と耳で味わう趣向のもので、例えば、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作「マグダラのマリア」を観ながらフレスコバルディ作曲の「宗教的ソネット十字架の下のマッダレーナ」などを聴くことで、同じ主題の絵画と歌曲を楽しむことができます。また、イタリア・ルネサンス、バロック期の芸術作品についてだけでなく、当時の食卓のメニューやマナーについてのトークもあります。興味深いレクチャーにより、美術作品がより身近に感じられるに違いありません。

定期的にコンサートを行っている美術館も

定期的にロビーコンサートなどを行っている美術館のひとつに広島県立美術館があります。広島県立美術館において過去に行なわれたコンサートのひとつに「広島交響楽団ギャラリーコンサート~名画とクラシックのコラボレーション~」がありますが、これは、展示室の中で芸術作品に囲まれながら、広島交響楽団の音楽を間近で聴けるというイベントです。展示室に置かれたサルバドール・ダリの巨大な作品である「ヴィーナスの夢」の前で、広島交響楽団員による弦楽四重奏が奏でられました。
この他に、長野県信濃美術館の東山魁夷館でも定期的にコンサートが開催されています。東山魁夷が(1908~1999)無類のクラシック通であったことから、開館以来、東山魁夷の生前の意思を受け継いで、東山作品の展示された会場内でクラシック音楽を中心としたギャラリーコンサートが行なわれています。

長野県信濃美術館・東山魁夷館
http://www.npsam.com/