博物館は人文科学系と自然科学系に分けられている

公共施設まっぷ
  1. 博物館は人文科学系と自然科学系に分けられている
2015年04月28日

博物館は人文科学系と自然科学系に分けられている

博物館の事業として、実物、標本、模写、模型、文献、図表、写真、フィルム、レコードなどの博物館資料を豊富に収集し、保管し、展示することなどが挙げられます。

博物館は人文科学系と自然科学系に分けられている

博物館法によると

日本国内には、博物館と呼ばれるものが多数あります。博物館法によると、社会教育法の精神に基き、博物館の設置及び運営に関して必要な事項を定め、その健全な発達を図り、国民の教育と文化の発展に寄与することを目的とし、次のような条件を満たす機関であるとされています。

●歴史、芸術、民俗、産業、自然科学などに関する資料を収集し、保管し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーションなどに役に立つために必要な事業を行う

●これらの資料に関する調査研究を行なうことを目的とする機関で、地方公共団体、一般社団法人、または一般財団法人、宗教法人、または政令で定めるその他の法人が設置するもの

●設置に当たっては、当該博物館の所在する都道府県の教育委員会に備える博物館登録原簿に登録を受けなければならない

●公立博物館とは、地方公共団体の設置する博物館、私立博物館とは、一般社団法人、または一般財団法人、宗教法人などによって設置された博物館である

動物園、植物園なども博物館に含まれる

博物館は人文科学系と自然科学系に分けられますが、博物館における事業の内容として、次のようなことが挙げられます。

●実物、標本、模写、模型、文献、図表、写真、フィルム、レコードなどの博物館資料を豊富に収集し、保管し、展示すること

●一般公衆に対して、博物館資料の利用について、必要な説明、助言、指導などを行う他に、研究室、実験室、工作室、図書室などを設置してこれらを利用させること

●博物館資料に関する専門的、技術的な調査研究を行うこと

●博物館資料の保管、展示などに関する技術的研究を行うこと

●博物館資料に関する案内書、解説書、目録、図録、年報、調査研究の報告書などを作成、頒布を行なうこと

●博物館資料に関する講演会、講習会、映写会、研究会などを主催し、その開催を援助すること

●他の博物館、博物館と同一の目的を有する国の施設などと緊密に連絡、協力し、刊行物、情報の交換、博物館資料の相互貸借などを行うこと

また、自然系博物館のうち、動物園は65種以上の生きた動物を扱う博物館、植物園は1500種以上の生きた植物を扱う博物館、水族館は150種以上の生きた水族を扱う博物館とされています。