大学の図書館は利用できますか?

公共施設まっぷ
  1. 大学の図書館は利用できますか?
2015年04月13日

大学の図書館は利用できますか?

ほとんどの国公立大学、短期大学、多くの私立大学、短期大学の図書館は、学外の人による利用が可能となっています。

大学の図書館は利用できますか?

ほとんどの国公立は無料

ほとんどの国公立大学、短期大学、多くの私立大学、短期大学の図書館は、学外の人による利用が可能となっています。国公立はほとんど無料、私立の場合には利用料が必要なところもあります。
利用には、大学、短期大学の図書館のカウンターで申請書の提出、免許証・保険証などの身分証明書の提示などをして手続きをします。大学によっては、1日だけ利用できる当日利用、継続して利用できる学外登録(大学によって名称は異なります)に分かれているところもあります。

定期試験期間中は利用が制限されることも

大学、短期大学の図書館は、公立図書館とは異なり、利用できる年齢などに制限がある場合があります。ある国立大学の図書館では、高校生以下、予備校生、小さい子どもを連れた人の利用が不可となっています。また、学生の教育・研究活動のための利用が優先されることから、定期試験期間中の学外の人の利用が制限されることもあります。
大学、短期大学によっては、最寄りの公立図書館を通じて、図書館の図書の現物や論文などのコピーを郵送で取り寄せることができるところもあります。