携帯電話は?飲食は?図書館を利用する際のマナー

公共施設まっぷ
  1. 携帯電話は?飲食は?図書館を利用する際のマナー
2015年03月26日

携帯電話は?飲食は?図書館を利用する際のマナー

図書館の本をはじめとする資料は私達の大切な財産ですから、汚したり、書き込みをしたり、傷付けたり、水などで濡らさないように丁寧に扱いましょう。

携帯電話は?飲食は?図書館を利用する際のマナー

本などの資料は大切な財産

公共図書館は誰もが気軽に利用できる施設ですが、利用する一人ひとりがマナーをきちんと守らないと、居心地の悪い場所になってしまいます。図書館を快適に利用するためのマナーを再確認してみましょう。図書館の本をはじめとする資料は私達の大切な財産ですから、汚したり、書き込みをしたり、傷付けたり、水などで濡らさないように丁寧に扱いましょう。それから、借りるのを待っている人のためにも、借りた本などは返却日を守りましょう。

携帯電話はマナーモードに

館内では静かに過ごすことは言うまでもありません。小さな子どもが騒いだり、はしゃいだりしないよう、保護者は注意が必要です。館内で静かにすることが難しい子どもがいる場合、巡回している職員が、保護者と子どもに対して、外に行って遊んできたら…と促すこともあるようです。
携帯電話はマナーモードに設定し、通話は控えましょう。もし、通話が必要な場合には、他の人の迷惑にならない場所に移動しましょう。図書館によっては、通話中の人に対して、職員が「電話は指定された場所でしてください」と書かれたものを示すところもあります。
館内の飲食は禁止されていることがほとんどですが、最近では、ペットボトル飲料の持ち込みが許されているところがあります。しかし、飲料を机の上に出したままにしないで、飲んだらバッグなどに入れるなどしなければなりません。また、館内に飲食コーナーが設けられている図書館も増えてきましたが、ゴミを持ち帰る、大きな声で話さないなど、利用の際には守るべきマナーがあることを忘れないようにしましょう。