小学校から大学まで! 子ども1人にかかる学費はトータルいくら

公共施設まっぷ
  1. 小学校から大学まで! 子ども1人にかかる学費はトータルいくら
2015年02月06日

小学校から大学まで! 子ども1人にかかる学費はトータルいくら

大学に進学した場合、授業料などの学費の他に、家計を圧迫するのが自宅外通学生の生活費です。

小学校から大学まで! 子ども1人にかかる学費はトータルいくら

すべて私立ではすべて公立の2倍以上の負担

生活の三大資金のひとつである教育資金ですが、子どもが大学を卒業するまでにどのくらいの学費が必要となるのでしょうか。学費は、住居地の教育環境、保護者の教育方針、子どもの学力、公立、私立、進路、自宅通学、自宅外通学などによって大きく変わってきます。
最もお金がかからないのは、公立の幼稚園・保育園・小・中・高校から国公立大へ進学する場合で、総額約1,100万円(学習塾、習いごとなどの費用を含む)が必要です。
一方、最もお金がかかるのが、幼稚園・小・中・高校が私立で、私立大学の理系に進む場合で、約2,500万円(学習塾、習いごとなどの費用を含む)が必要となります。

自宅外通学生は学費以外の負担大

大学に進学した場合、授業料などの学費の他に、家計を圧迫するのが自宅外通学生の生活費です。入学金、年額の授業料、生活費を含む4年間に必要な費用を比べると、以下のようになります。

国立大学    自宅通学約500万円、自宅外通学約840万円

私立大学(文系) 自宅通学約700万円、自宅外通学約1030万円

私立大学(理系) 自宅通学約840万円、自宅外通学約1160万円

医学系     自宅通学約3000万円、自宅外通学約3400万円