中学生の留学は視野を広め、自信を養う

公共施設まっぷ
  1. 中学生の留学は視野を広め、自信を養う
2015年01月06日

中学生の留学は視野を広め、自信を養う

短期留学で親元を離れて海外で過ごす経験は、子どもの視野を広め、自信を養い、将来の進路を考えるきっかけとなるに違いありません。

中学生の留学は視野を広め、自信を養う

将来の進路を考えるきっかけとなる

中学生で海外留学をする人は、ここ数年、増加しています。長期の留学を希望する場合には、その前に、夏休みを利用してサマースクールなどの短期留学を体験しておくのが理想的です。長期留学をしない場合でも、短期留学で親元を離れて海外で過ごす経験は、子どもの視野を広め、自信を養い、将来の進路を考えるきっかけとなるに違いありません。

ホームステイと学生寮

留学をする場合、多くの場合、ホームステイか学生寮を選ぶことになります。ホームステイは、現地のホストファミリーに滞在するもので、留学生には専用の部屋が与えられます。
ホストファミリーには、留学生への部屋の提供と食事の提供の義務が課せられ、留学生は家庭の一員として扱われます。ホームステイでは、生活を通して生活習慣や文化に触れることができるのはもちろん、家族との交流によりあまり孤独感を持たなくてすむことから、年齢の低い中学生には向いているかもしれません。
一方、学生寮では、部屋にはベッド、机、クローゼットなどがあり、トイレとシャワーは共同ということが多いようです。学生寮の場合、相部屋であることが多く、プライバシーが守れないことが少なくありません。しかし、世界各国の同年代の人達と共同生活をすることで、様々な考え方に触れることができます。