部活動が忙しくて勉強する時間がない!?中学生の家庭学習事情

公共施設まっぷ
  1. 部活動が忙しくて勉強する時間がない!?中学生の家庭学習事情
2014年12月29日

部活動が忙しくて勉強する時間がない!?中学生の家庭学習事情

部活動の時間以上に家庭学習の時間に影響を与えているのが、テレビを見る時間でしょう。

部活動が忙しくて勉強する時間がない!?中学生の家庭学習事情

中学生の家庭学習は最低でも学年+1時間とも言われる

内閣府の平成25年版の子ども・若者白書によると、学校の授業時間以外の勉強時間(塾、家庭教師を含む)について、中学校3年生の7割弱が、平日、休日にかかわらず1日当たり1時間以上勉強していることが分かりました。中学生の家庭学習は、最低でも学年+1時間とも言われることから考えると、1時間以上は最低ラインと言えます。

家での時間の使い方が家庭学習に大きく影響

家庭学習の時間が思うように確保できない理由として部活動が挙げられることもあり、中学校によってはノー部活デーを設けたり、朝練習をしないところも多くなっていますが、部活動の時間以上に家庭学習の時間に影響を与えているのが、テレビを見る時間でしょう。
ある中学生の生活実態に関する調査では、中学生が1日にテレビを見る時間は1~2時間が最も多く3割弱を占めており、さらに、2~3時間、3時間以上という生徒もそれぞれ2割超いることが分かりました。中学生の学習に対する意欲の低下が家庭学習の時間を短くする原因となっていることには違いありませんが、家での時間の使い方が家庭学習に大きく影響していることも確かです。