学費が払えなくて中退!? 高校に行きたくても行けない問題

公共施設まっぷ
  1. 学費が払えなくて中退!? 高校に行きたくても行けない問題
2014年12月19日

学費が払えなくて中退!? 高校に行きたくても行けない問題

保護者のリストラなどによって、家庭の経済状況が急激に悪化することも珍しくありません。

学費が払えなくて中退!? 高校に行きたくても行けない問題

マイホームのローン、親の扶養、介護などの負担が重なることも

経済的な理由から、高校を中退してしまう生徒は、公立高校よりも私立高校に多く見られます。先進国の中で、日本の教育費がとても高いことは知られていますが、特に義務教育を終えてからの高校、専門学校、大学などへの進学の時期に、保護者は教育費の負担を強いられることになります。
ちょうどこの頃の保護者の年代は、マイホームのローン、親の扶養、介護などの負担が重なることも少なくなく、勤め先のリストラなどによって、家庭の経済状況が急激に悪化することも珍しくありません。

?重くのしかかる授業料以外の金銭的な負担

公立、私立高校ともに、高校に通うことで発生する費用は授業料や教科書代だけではありません。PTAや後援会などの会費、修学旅行に備えての積み立てなど、学校に納付しなければならないものがあります。
これらの学校納付金の負担は重いものであり、これにより退学や休学、留年する生徒がいたり、教職員が立て替えるなど、深刻な実態が報告されています。授業料以外の金銭的な負担は、年間で全日制が20万円、定時制が10万円程度になるとされています。