進学?就職?高校卒業後の進路

公共施設まっぷ
  1. 進学?就職?高校卒業後の進路
2014年11月18日

進学?就職?高校卒業後の進路

何のために大学に行くのか分からないまま、とりあえず進学する…という高校生も増えていると言います。

進学?就職?高校卒業後の進路

専門学校進学率、就職率は上昇

学校に関する内容を調査対象とする文部科学省の平成25年度の学校基本調査によると、現役の大学・短大進学率は、前年度より0.4ポイント低下して全体の約53パーセントで、平成22年度をピークとして、ここ3年は微かに減っています。専門学校進学率は4年連続で上昇しており、前年度より0.2ポイント上昇して全体の17パーセント。また、就職率は3年連続で上昇しており、前年度より0.2ポイント上昇して全体の約17パーセントとなっています。

目的がないまま大学進学をする人も

この10年ほどの間、上昇を続けてきた大学への進学率ですが、ここに来て、何のために大学に行くのか分からないまま、とりあえず進学する…という高校生も増えていると言います。そのため、大学に入学して間もなく、退学する人も増加傾向にあります。また、大学を卒業したはよいけれど、思ったように就職ができない人も少なくありません。こうした現状を反映してか、大学、短期大学への進学率は微減しています。
その一方で、専門学校の進学率は上昇しています。専門学校では、各分野での資格の取得などを目指す人を養成していることから、実践的な技能を身に付けた上で社会に出たいと思う人の支持を得ているようです。
また、就職率の上昇について、文部科学省では、ハローワークの職員による高校生への就職指導などの支援が功を奏したと指摘しています。