代返は不可能!?出席確認のシステムとは

公共施設まっぷ
  1. 代返は不可能!?出席確認のシステムとは
2014年11月07日

代返は不可能!?出席確認のシステムとは

ICチップ入りの学生証による出席確認のシステムが導入され、学生本人の出席状況がより正確にチェックできるようになっています。

代返は不可能!?出席確認のシステムとは

昔は代返や代筆もできたけれど…

昔は、大学の講義の出席確認の際に、友達に代返や出席票の代筆を頼む学生も少なくありませんでした。最近では、ICチップ入りの学生証による出席確認のシステムが導入され、学生本人の出席状況がより正確にチェックできるようになっています。
ある私立大学では、 アルバイトの学生が、講義中にカードリーダーを持って教室内を回り、出席者のICカード学生証の顔写真で本人を確認し、カードリーダーで読み取っています。これにより、先生はパソコンで出席状況がチェックできます。
また、他のある私立大学では、教室の入り口にあるカードリーダーに学生がICカード学生証をかざすことで出席を確認しています。

出席率が低い学生に対して個別に面談も

ICカード学生証による出席確認のシステムの導入は、成績評価や不正防止のためだけでなく、大学生活に適応できない学生の早期発見と個別指導が目的とされています。特に、大学生活が始まったばかりの新入生の場合には、出席率が低い学生に対して個別に面談する機会を作っています。
こうしたことで、新しい環境に馴染めない学生がいることや悩みを抱えた学生がいることなどをいち早く把握し、対応することが可能となります。