経験する学生は9割以上!?大学生のアルバイト事情

公共施設まっぷ
  1. 経験する学生は9割以上!?大学生のアルバイト事情
2014年11月03日

経験する学生は9割以上!?大学生のアルバイト事情

アルバイトをする目的としては、生活費のため、欲しいものを買うため、学費のため、留学などの費用を貯めるためなど、様々です。

経験する学生は9割以上!?大学生のアルバイト事情

収入以外に得るものも

大学生の時期にアルバイトを経験する学生は9割以上となっており、長期休暇中、授業期間中にかかわらず定期的にアルバイトをしている学生も少なくありません。アルバイトをする目的としては、生活費のため、欲しいものを買うため、学費のため、留学などの費用を貯めるためなど、様々です。
アルバイトは収入を得るだけでなく、働くことを通して様々な人と関わることで、社会人としての礼儀、マナーを知る、仕事の流れを経験する、就職に関しての情報などを得ることができるなど、社会勉強の場でもあります。

平均週3回ほど

アルバイトを見つける手段は、インターネットのアルバイト情報サイト、情報誌、店頭の張り紙などの募集広告、友人、先輩などの紹介、大学の掲示板などとなっており、職種は家庭教師、塾の講師、試験監督などの教育関係、スーパー、コンビニエンスストアなどの店員、飲食店などでの接客業、イベント会場などでの単発のものなど、様々です
。1週間にアルバイトをしている回数は3回ほどが平均ですが、中には、大学で授業を受ける時間よりもアルバイトの時間の方が長い人もいるようです。また、アルバイトによる収入の平均は1か月に約50,000円となっています。