放送大学と一般の大学との違いは何ですか?

公共施設まっぷ
  1. 放送大学と一般の大学との違いは何ですか?
2014年10月28日

放送大学と一般の大学との違いは何ですか?

放送大学は、選考により日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けることができる、学生証が発行されることにより各種学割が適用されるのは、一般の大学と同じです。

放送大学と一般の大学との違いは何ですか?

学力試験はなし

一般の大学に入学するためには、入学試験を受けて合格する必要がありますが、放送大学では、全科履修生の場合は、満18歳以上で、高等学校卒業などの大学入学資格を有する人、選科履修生、科目履修生の場合は、満15歳以上である人なら、書類選考のみで、学力試験はありません。
また、放送大学は通信制ですから、授業科目は24時間インターネットで配信されているものや放送授業のCD、DVDで学びます。大学卒業を目的とする全科履修生の場合には、面接授業(スクーリング)の単位を20単位以上修得する必要があります。

授業料は受講科目単位で支払う

一般の大学で学ぶ場合、入学金、授業料、施設費などの諸費用が必要となりますが、放送大学で必要な費用は、受講科目単位で支払う授業料と、入学時に納める入学料です。
授業料は、受ける科目数に応じて発生する費用で、毎学期(半年間)の初めに、受講する科目分の授業料を支払います。放送授業、面接授業ともに1単位5,500円で、授業料にはテキスト代、通信指導代、単位認定試験代が含まれます。
入学料は、希望する学生種類によって異なります。また、選考により日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けることができる、学生証が発行されることにより各種学割が適用されるのは、一般の大学と同じです。