奨学金制度を利用するには

公共施設まっぷ
  1. 奨学金制度を利用するには
2014年10月07日

奨学金制度を利用するには

大学生が利用できる奨学金制度で、最も多く利用されているのはJASSOが実施する国の奨学金制度です。

奨学金制度を利用するには

無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金

大学生が利用できる奨学金制度には、大学独自の奨学金、地方自治体の奨学金、民間育英団体の奨学金などがありますが、最も多く利用されているのは日本学生支援機構JASSOが実施する国の奨学金制度です。
JASSOの奨学金は在学中に奨学金を貸与し、卒業後に返還することになっており、無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金があります。それぞれの奨学金は、本人の学力、家計の状況をもとにして選考・採用され、無利子の奨学金は、特に優秀な学生で経済的理由により著しく修学困難な人が対象、一方、有利子の奨学金は、学習意欲のある人が広く対象となるため、無利子のものよりも選考、採用の基準が緩やかになっています。

申し込み手続きは在学する学校を通して行われる

奨学金の申し込みには、入学前に申し込む予約採用、入学後に申し込む在学採用、家計の急変などによる緊急時に申し込める緊急採用・応急採用があります。
奨学金の申し込み手続きは、在学する学校を通して行われます。大学院を除く予約採用の無利子の募集は入学前年度4~6月上旬、有利子の募集は入学前年度の4~6月、10月上旬、12月中旬の3回、在学採用の募集は春に行われるので、学校が定めた募集期間内に申し込み手続きを行います。
緊急採用・応急採用は、災害、家計の急変などの緊急時に、随時、申し込むことができます。