通級指導教室でのLD、ADHDの教育について

公共施設まっぷ
  1. 通級指導教室でのLD、ADHDの教育について
2014年09月10日

通級指導教室でのLD、ADHDの教育について

自信を持って友だちと関わることができ、楽しい学校生活が送れるよう、保護者、在籍学級の担任と連携をとって支援を行います。

通級指導教室でのLD、ADHDの教育について

発達障害として分類されるLD、ADHD

LD(学習障害)とは、知的発達の遅れはないものの、特定の能力に著しい困難を示すもののことを言います。また、ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、発達段階に不釣り合いな注意力、衝動性、多動性を特徴とする行動の障害のことを言います。どちらも脳などの中枢神経系に何らかの機能障害があると推定され、発達障害として分類されています。

通級指導教室での学習、指導

LD、ADHDの場合には、児童、生徒の指導、支援を行うための通級指導教室での学習、指導が可能です。
LDの場合、表れる困難が人によって異なることから、それに対応した指導を行います。
また、ADHDの場合は、集団の中で順番を待ったり、最後まで話を聞いたりすることや、余分な刺激を抑制した状況で課題に集中して取り組むことを繰り返す指導が行なわれます。
通級指導教室での学習を通して、自信を持って友だちと関わることができ、楽しい学校生活が送れるよう、保護者、在籍学級の担任と連携をとって支援を行います。

【タグ】