特別支援学校の言語障害教育について

公共施設まっぷ
  1. 特別支援学校の言語障害教育について
2014年09月08日

特別支援学校の言語障害教育について

一人ひとりのペースに合わせた個人指導、グループ指導により、正しい発音や楽に話す方法を楽しく学習できるようにします。

特別支援学校の言語障害教育について

正しい発音や楽に話す方法を楽しく学習する

言語障害とは、発音が不明瞭であったり、話し言葉のリズムがスムーズでないことから、話し言葉によるコミュニケーションが円滑に進まない状況であることや、こうしたことが原因で本人が引け目を感じるなど、社会生活上、不都合な状態であることを言います。
言語障害者に対する教育を行う特別支援学校では 子どもの興味、関心に合わせた自由遊びや会話などを通して教員との好ましい関係を作りながら、子どもの気持ちを解きほぐします。一人ひとりのペースに合わせた個人指導、グループ指導により、正しい発音や楽に話す方法を楽しく学習できるようにします。

集団の中での他の児童、生徒との日常の関わりが大切

学校の普通学級に在籍する障害のある児童、生徒が、一部の時間に特別支援学校などで授業を受ける通級の場合には、集団の中での他の児童、生徒との日常の関わりがとても大切です。学習を通して身に付けたことを、生活の中で定着させることができるよう、担任や保護者が連携、協力をしています。

【タグ】