文化活動の振興のために!公共ホールへの助成金

公共施設まっぷ
  1. 文化活動の振興のために!公共ホールへの助成金
2014年07月24日

文化活動の振興のために!公共ホールへの助成金

芸術文化振興基金の助成の対象となる活動には、芸術家、芸術に関する団体が行う芸術の創造または普及を図るための活動、地域の文化の振興を目的として行う活動などがあります。

文化活動の振興のために!公共ホールへの助成金

芸術文化振興基金

公共ホール、公会堂などで行われる芸術的、文化的活動の振興、普及を目的とする助成金には、公的な支援、民間企業による支援があります。独立行政法人日本芸術文化振興会が設置しているのは芸術文化振興基金です。
助成の対象となる活動には次のようなものがあります。

●芸術家、芸術に関する団体が行う芸術の創造または普及を図るための活動として、オーケストラ、オペラ、合唱、室内楽、バレエ、現代舞踊、演劇などの舞台芸術の公演など。

●文楽、歌舞伎、能楽、邦楽など。

●美術の展示活動、国内映画祭などの活動など。

また、地域の文化の振興を目的として行う活動には、文化会館、美術館などの地域の文化施設において行う公演、展示活動があります。助成対象活動の募集は、毎年度1回(活動実施年度の前年度中)、公募により行います。

公共ホール演劇ネットワーク事業

財団法人地域創造による公共ホール演劇ネットワーク事業は、公共ホールの活性化、情報発信能力の向上を図り、地域の演劇分野における創造的で文化的な芸術活動のための環境づくり、公共ホールスタッフなどの企画、制作能力の向上と創造性豊かな地域づくりに役立つことを目的とし、複数の地方公共団体などが演劇公演を共同、連携して実施することを支援するものです。
支援が決定した団体については、1,500万円を上限として、公演事業にかかる費用(ホール使用料、現地宣伝費、上演に係る著作権料、現地増員人件費などの現地経費は対象外)の3分の2が助成されるなどの支援があります。