公会堂と公民館、それぞれの特徴は

公共施設まっぷ
  1. 公会堂と公民館、それぞれの特徴は
2014年07月21日

公会堂と公民館、それぞれの特徴は

住民の教養の向上、健康の増進、生活文化の振興、社会福祉の増進などを目的とする公民館は地域に密着しています。

公会堂と公民館、それぞれの特徴は

文化活動の普及、振興を行う拠点

公会堂とは、辞書によると、公衆が集会をするために設けられた建物とあります。現在、日本の各地にある公会堂の多くには、高い音響性能を持つ大ホール、中ホール、小ホール、スタジオなどが備えられています。
公会堂の中には、本格的なクラシックコンサートを主な目的として設計されたものもあります。公会堂は、数多くの文化的な催し物などによって、文化活動の普及、振興を行う拠点となっています。

地域住民のため施設

公民館は、住民の教養の向上、健康の増進、生活文化の振興、社会福祉の増進などを目的として、実際の生活に即する教育や、学術文化に関する各種の事業を行うところです。また、地域住民同士の交流の場としても重要な役割を果たしています。
このような目的を達成するために、定期講座の開設、討論会、講習会、講演会、実習会、展示会などの開催、体育、レクリエーションなどに関する集会の開催が行われています。