公営の墓地、納骨堂はありますか?

公共施設まっぷ
  1. 公営の墓地、納骨堂はありますか?
2014年06月24日

公営の墓地、納骨堂はありますか?

公営墓地の場合、永代使用料や年間管理費が、民営墓地、寺院墓地に比べて安くなっています。

公営の墓地、納骨堂はありますか?

宗旨・宗派の制限がない

公営墓地、納骨堂とは、都道府県や市町村などの自治体が所有しているもので、実際の管理、運営を財団法人などが代行している場合もあります。利用する際の宗旨・宗派の制限がないため、仏教、神道、キリスト教、無宗教など、どの宗教でも利用することが可能です。また、永代使用料や年間管理費が、民営墓地、寺院墓地に比べて安くなっています。

応募者が多い場合には抽選に

公営の墓地、納骨堂を希望する人は多く、その申し込み受付期間も限られていることから、応募者が多い場合には抽選が行われます。また、規定の市区町村に居住していること、未納骨の遺骨がある人など、応募するための資格が限られていることがあります。
市区町村によっては、本人が骨の永年収蔵を希望する場合に限り、本人による生前申込ができる納骨堂もあります。納骨堂には、場所によって、直接参拝壇に収蔵して参拝者が故人の参拝壇の前まで行って直接参拝する直接参拝壇、間接参拝壇に収蔵して参拝ホールで参拝する間接参拝壇、合葬式収蔵施設があります。
詳しいことは、市区町村の役所にお問い合わせください。