公営斎場でペットの火葬はできますか?

公共施設まっぷ
  1. 公営斎場でペットの火葬はできますか?
2014年06月23日

公営斎場でペットの火葬はできますか?

公営斎場の中には、ぺットの火葬ができる火葬炉を併設しているところがあり、規定の料金を支払って火葬をすることができます。

公営斎場でペットの火葬はできますか?

個別火葬と合同火葬

家族の一員である犬、猫などのペットが亡くなった場合、家族によってペットの火葬を行うことが増えています。公営斎場の中には、ぺットの火葬ができる火葬炉を併設しているところがあり、規定の料金を支払って火葬をすることができます。
個別火葬では1体ずつ個別の火葬炉で火葬され、焼骨は斎場で準備する骨壷に納めて持ち帰ることができます。一方、合同火葬では他のペットと一緒に火葬するため、焼骨は持ち帰ることができません。

段ボール箱が棺の代わりに

個別火葬の場合、事前の電話での申し込みが必要となることが多いようです。また、合同火葬の場合には、斎場へ直接持ち込む場合には事前の電話予約は不要ですが、亡くなったペットの出張回収もしてくれます。希望する場合には電話で申し込みます。
火葬が可能なペットの大きさや重さには制限があることが多く、火葬炉に入るサイズの棺に代わる段ボール箱にペットを入れなければなりません。その際、防水のために段ボール箱の底にポリ袋、ビニール袋を敷くこと、遺体を綿タオルなど(化繊の毛布は不可)にくるむことなどが必要です。詳しいことは、市区町村の役所にお問い合わせください。