議会を傍聴するにはどうすればよいですか?

公共施設まっぷ
  1. 議会を傍聴するにはどうすればよいですか?
2014年06月05日

議会を傍聴するにはどうすればよいですか?

誰でも自由に傍聴できる議会ですが、そこにはマナーやルールがあることを忘れてはいけません。

議会を傍聴するにはどうすればよいですか?

会議の模様がインターネットで映像配信されることも

私達の暮らしなどに直結する市区町村の予算、施策、事業などについての審議、決定が行われる議会は、誰でも自由に傍聴することができます。傍聴するには、議会の当日、市区町村の役所の議会事務局へ行き、傍聴人受付簿に住所、氏名を記入します。場合によっては、傍聴できる人数に定員があったり、入場が先着順となることがあります。また、役所によっては、会議の模様がインターネットで映像配信されることもあります。

傍聴者の心得

誰でも自由に傍聴できる議会ですが、そこにはマナーやルールがあることを忘れてはいけません。例えば、以下のような行為は禁止されています。

●拍手やその他の方法により、公然と可否を表明してはならない

●騒ぐなどして会議を妨害してはならない

●鉢巻、腕章の類をするなどして威力や気勢を示す行為をしてはならない

●飲食、喫煙をしてはならない

●議長の許可なく写真撮影、録音などをしてはならない

●携帯電話などの機器類の電源を必ず切ること

万が一、傍聴者が会議を妨害したり、他人に迷惑を及ぼす行為があると認められた場合には、退場が命ぜられることがあります。