身体が不自由な人の投票には付き添うことができますか?

公共施設まっぷ
  1. 身体が不自由な人の投票には付き添うことができますか?
2014年05月30日

身体が不自由な人の投票には付き添うことができますか?

車椅子を利用している人やケガをしていて付き添いが必要な場合には、投票所の係員に申し出ることで対応してもらえます。

身体が不自由な人の投票には付き添うことができますか?

やむを得ない事情があると認められた場合には付き添える

原則として、投票所への投票をしない人の立ち入りは認められません。しかし、投票する人が同伴する幼児や介護者など、やむを得ない事情があると認めた場合には例外として出入りが可能です。
また、投票所によっては車椅子で入場ができます。投票所に車椅子が備えられている場合もあります。車椅子を利用している人やケガをしていて付き添いが必要な場合には、投票所の係員に申し出ることで対応してもらえます。

代理投票制度とは

字を書くことが困難な人には、投票所の係員が代筆する代理投票制度があります。投票者の家族や付き添いの人が代筆をすることはできません。代筆が必要な場合には投票所の係員に申し出ます。投票所の係員2名が、投票する本人の意思を確認して代筆します。この際、必ず、本人が投票する候補者などについて指示をする必要がありますので、本人の意思表示がない場合には代理投票はできません。
また、目の不自由な人のために、投票所には点字器と点字用投票用紙が備えられています。使い慣れた点字器を持参することもできます。