印鑑登録は住民登録をしている市区町村の市民課で行います

公共施設まっぷ
  1. 印鑑登録は住民登録をしている市区町村の市民課で行います
2014年04月28日

印鑑登録は住民登録をしている市区町村の市民課で行います

本人による登録は即日できますが、代理人が申請する場合には、即日の印鑑登録は不可です。

印鑑登録は住民登録をしている市区町村の市民課で行います

印鑑登録された印鑑が実印

印鑑登録とは、個人が社会生活の中で必要となる様々な手続きなどにおいて使用する印鑑を、住民登録がある市区町村の役所に届け出をし、登録することです。印鑑登録された印鑑は実印と呼ばれます。
また、印鑑証明書は登録された印鑑について書面で証明したもので、不動産の登記や自動車の登録、公正証書の作成の際に、実印とともに必要となります。

ひとりにつき1個に限り登録できる

印鑑登録は、住民登録をしている市区町村の市民課で行います。15歳以上の人(成年被後見人は除く)が、ひとりにつき1個に限り登録できます。印鑑登録に必要なものは、登録する印鑑、運転免許証、パスポートなど、官公庁が発行した顔写真入りの身分証明書です。
なお、印影が大き過ぎるもの、小さ過ぎるもの、変形しやすい印材のもの、輪郭の極度の摩耗があるもの、4分の1以上欠けているもの、同一世帯人が登録している印鑑と同じものなどは登録できません。
なお、本人による登録は即日できますが、代理人が申請する場合には、即日の印鑑登録は不可です。