迷子の犬を発見!保健所で保護してくれますか?

公共施設まっぷ
  1. 迷子の犬を発見!保健所で保護してくれますか?
2014年03月17日

迷子の犬を発見!保健所で保護してくれますか?

迷い犬の情報の掲載期限が過ぎても飼い主が判明しない場合には、とても残念ですが、殺処分となってしまいます。

迷子の犬を発見!保健所で保護してくれますか?

住所地を管轄する保健所に連絡する

もし、迷子の犬を発見したら、噛まれないように十分に注意して保護します。それから、住所地を管轄する保健所に連絡します。その際、保健所からは、迷子の犬を保護した日時、場所、犬の種類、性別、毛色、首輪の有無、鑑札・済票の有無などが訊かれます。もし、その場での保護が可能な場合には、飼い主と思われる人からの情報が寄せられた時に保健所からの連絡があります。また、警察に渡した場合には、取得物として扱われることもあります。

保健所の迷い犬情報

保健所で保護された迷子の犬については、各市町村の保健所のサイトに迷い犬情報として掲載されています。しかし、その情報の掲載期限が過ぎても飼い主が判明しない場合には、とても残念ですが、殺処分となってしまいます。飼い犬については、狂犬病予防法と言う法律により鑑札と狂犬病予防注射済票の装着が義務づけられていますから、これらが着いていれば、市町村の登録情報によって飼い主はすぐに判ることになっています。