80歳で自分の歯が20本!歯の健康について相談したい

公共施設まっぷ
  1. 80歳で自分の歯が20本!歯の健康について相談したい
2014年02月26日

80歳で自分の歯が20本!歯の健康について相談したい

保健所では、年齢に応じた歯についての相談や、歯のブラッシング指導などを受けることができます。

80歳で自分の歯が20本!歯の健康について相談したい

年齢に応じた歯の相談

高齢になっても、自分自身の歯で食事ができるようにするためには、早い時期からの歯の手入れが重要です。保健所では、年齢に応じた歯の相談を受けることができます。
妊婦さんには、妊娠中の歯のケアと出産後の乳幼児のむし歯菌感染予防のための歯の健康診査があります。歯が生え始めた乳児や乳歯から永久歯へと生え変わる幼児、児童は、毎日の歯磨きが気になるところです。
保健所では、歯科衛生士によるブラッシング指導、相談を行っています。また、有料でフッ素の塗布ができる場合があります。

在宅訪問歯科事業も

歯周病が心配な年代の人には、歯周疾患検診があります。登録歯科医療機関で、むし歯、歯ぐきのチェック、唾液による歯周病度チェック、歯の健康のアドバイスが受けられます。なお、検診当日は歯石除去などの治療はできません。必要な場合には、改めて受診することになります。
また、在宅訪問歯科事業により、在宅要介護者や家族のために、歯科衛生士が訪問して口内の手入れ方法などのアドバイスをしてくれます。通院が困難で歯科治療が必要な人の場合には、歯科医師が訪問して歯科診療をしてくれます。
保健所での相談はほとんどが無料ですが、検診などでは受診料が必要となることもあります。詳しい内容については、住所地を管轄する保健所にお問い合わせください。