公共職業訓練でスキルアップを

公共施設まっぷ
  1. 公共職業訓練でスキルアップを
2014年02月18日

公共職業訓練でスキルアップを

厚生労働省のサイトから、都道府県別に実施されている訓練コースを検索することができます。

公共職業訓練でスキルアップを

雇用保険を受給している求職者が対象

国や地方公共団体によって設置された職業能力開発施設、または委託された民間の専門学校などで、主に雇用保険を受給している求職者を対象として実施されているのが公共職業訓練です。この職業訓練により、就職に必要な知識や技能の習得、またそのレベルアップを図ることができ、訓練の経験を活かして、アルバイトや派遣社員から正社員への就職などが可能となることがあります。

まずはハローワークで求職申し込みを

公共職業訓練は、求職者本人の希望だけで受講できるものではなく、早期の再就職のために公共職業訓練の受講が必要であると公共職業安定所長によって判断された場合に応募することができます。
まず、ハローワークで求職申し込みをし、数回、職業相談を受けます。これにより訓練の受講が必要と判断された場合には、願書交付、願書提出、入校選考となり、合格すると受講ができます。
職業訓練コースには、金属加工、電気設備、溶接、建築、パソコン、ホームヘルパー、医療事務、プログラミング、ウェブデザインなどのコースがあり、厚生労働省のサイトから都道府県別に実施されている訓練コースを検索することができます。
詳しいことは、最寄りのハローワークにお問い合わせください。