国や地方公共団体へ寄附した場合に受けられる寄附金控除

公共施設まっぷ
  1. 国や地方公共団体へ寄附した場合に受けられる寄附金控除
2014年01月10日

国や地方公共団体へ寄附した場合に受けられる寄附金控除

寄付した場合に受けられるのが寄付金控除ですが、特別控除では政党等寄附金、認定NPO法人等寄附金、特定震災指定寄附金の額によってそれぞれ計算方法が異なります。

国や地方公共団体へ寄附した場合に受けられる寄附金控除

国や地方公共団体への寄附

納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対して特定寄附金を支払った場合に受けられるものを寄附金控除といいます。

・個人が支払った政治活動に関する寄附金のうち、政党または政治資金団体への寄附金
・認定NPO法人、公益社団法人などへの寄附金

また、震災関連寄附金のうち特定震災指定寄附金については、寄附金控除の適用、または、税額控除である寄附金特別控除の適用において、どちらか有利な方を選ぶことができます。

確定申告により控除を受ける

寄附金控除の控除額は、次に挙げるものの低い方の金額から2000円を引いたものです。その年に支出した特定寄附金の額の合計額、または、その年の総所得金額等の40パーセントに相当する額。
また、政党等寄附金特別控除、認定NPO法人等寄附金特別控除、公益社団法人等寄附金特別控除、特定震災指定寄附金特別控除の額については、それぞれ計算方法が異なります。
寄附金控除、または寄附金特別控除(税額控除)を受けるには、これらにに関する事項を記載した確定申告書を提出する必要があります。