生命保険料控除の手続きは年末調整か確定申告で

公共施設まっぷ
  1. 生命保険料控除の手続きは年末調整か確定申告で
2014年01月08日

生命保険料控除の手続きは年末調整か確定申告で

平成22年度の税制改正で生命保険料控除が改正され、平成24年分の所得税から適用となりました。

生命保険料控除の手続きは年末調整か確定申告で

給与所得者は勤務先、自営業者は確定申告で手続きを

納税者が一定の生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料を支払った場合に一定の金額の所得控除を受けることができるものを生命保険料控除と言います。保険期間が5年未満の生命保険などの中には控除の対象とならないものもあります。
生命保険料控除の手続きは、給与所得者の場合は、生命保険会社の発行する生命保険料控除証明書を給与所得者の保険料控除等申告書に添付し、勤務先に提出して年末調整で控除を受けます。自営業者の場合には、所得税の確定申告の際に生命保険料控除証明書を確定申告に添付して控除を受けます。

生命保険料控除の改正

平成22年度の税制改正で生命保険料控除が改正され、平成24年分の所得税から適用となりました。控除額は以下の通りです。

年間の支払保険料等が…
・20,000円以下の場合には、支払保険料等の全額
・20,000円超40,000円以下の場合には、支払保険料等×1/2+10,000円
・40,000円超80,000円以下の場合には、支払保険料等×1/4+20,000円
・80,000円超の場合には、一律40,000円
です。