控除額103万円を超えそうな時はどうすればいい?

公共施設まっぷ
  1. 控除額103万円を超えそうな時はどうすればいい?
2013年12月12日

控除額103万円を超えそうな時はどうすればいい?

103万円を超えても、141万円未満であれば、配偶者控除に代わる配偶者特別控除を受けられます。

控除額103万円を超えそうな時はどうすればいい?

103万円を超えても影響は小さい

会社員の夫を持つ妻がパートなどの仕事をする場合、103万円を超えない方がよいと言われることは少なくありません。給与収入額が103万円の場合には、給与収入額から給与所得控除の65万円と所得控除の基礎控除の38万円が自動的に差し引かれて、課税所得金額が0円となるからです。
しかし、103万円を超えても、141万円未満であれば、配偶者控除に代わる配偶者特別控除を受けられます。これは妻の年収が増えるにしたがって38万円~3万の変動があります。103万円を超えると、夫、妻の所得税、住民税は増えますが、それほど大きな額ではありません。

130万円を超えると

年収が103万円を超えそうだとしても、職場の都合もありますから、労働時間を調節して収入を抑えることは難しいでしょう。ですから、次の壁である130万円を越えないようにすることを考える方がよいでしょう。
130万円を超えると、夫の健康保険の扶養からはずれて、その保険料や年金の保険料を払わなければなりません。ですから、130万円ギリギリのところで夫の健康保険の扶養からはずれないようにすれば、働いたなりに世帯の手取り収入は増えるでしょう。