年末調整での還付金の計算方法は?

公共施設まっぷ
  1. 年末調整での還付金の計算方法は?
2013年12月12日

年末調整での還付金の計算方法は?

還付金は、毎年12月の給与明細に同封されている源泉徴収表を使って計算することができます。

年末調整での還付金の計算方法は?

1年間の納税金額を正確に出す

給与所得者は、毎月、所得税を納めていますが、1年間の正確な所得金額は1年が終わってみないと確定されません。そこで年末に1年間の納税金額を正確に出すのですが、これを年末調整と言います。これにより算出された所得税の額が、今まで毎月納めていた合計金額より少なければその差額が戻り、多ければ足りない分を支払うことになります。戻ってくるものを還付金と言います。

源泉徴収表から計算する

還付金は、毎年12月の給与明細に同封されている源泉徴収表を使って計算することができます。1年間の総支給額から給与所得控除を引いたものが給与所得です。
給与所得控除額とは、給与所得から無条件で控除されるもので、給与などの収入金額によって決められています。給与所得から社会保険料控除分、扶養・基礎控除などの控除分を引いたものが課税給与所得金額で、これに税率を掛けたものがその年に納めるべき税額となります。
税率は課税給与所得金額によって異なり、区分よってはさらに控除があります。税率は国税庁のホームページで調べることができます。こうして、納めるべき税額から毎月の所得税の総額を引き、プラスならば追納、マイナスならば還付となります。