確定申告を郵送する時のメリット/デメリットは?

公共施設まっぷ
  1. 確定申告を郵送する時のメリット/デメリットは?
2013年12月12日

確定申告を郵送する時のメリット/デメリットは?

確定申告が初めてという人は、税務署に直接持って行って提出した方がよい場合があります。

確定申告を郵送する時のメリット/デメリットは?

混雑した税務署に行かなくて済む

確定申告書は住所地を所轄する税務署長に提出することになっていますが、税務署まで足を運んで提出する他に、郵送することもできます。毎年、確定申告の期間は税務署がとても混雑します。場合によっては、提出できるまでに何時間もかかってしまうことも珍しくありません。こうしたことを考えると、自宅で書類を揃えて確定申告書に必要事項を記入し、郵送した方が時間の無駄がないでしょう。

確定申告書、添付書類に不備がないように

郵送する場合には、書類に不備がないようにすることが大前提です。万が一、郵送した申告書に不備があった場合には、記載した電話番号に税務署から連絡があり、再提出か、税務署に出かけて訂正をすることになります。
確定申告が初めてという人は、税務署に直接持って行って提出した方がよい場合があります。書類の書き方で分からないことがあればその場で訊くことができますし、間違いを訂正することもできます。
一度、確定申告を経験すれば、次年からは前年度のものを参考にして作成すればよいですから、郵送により提出することができるでしょう。