確定申告は所得がいくらから必要になる?

公共施設まっぷ
  1. 確定申告は所得がいくらから必要になる?
2013年12月12日

確定申告は所得がいくらから必要になる?

アルバイトをしている人の場合、確定申告をすることで還付を受けられる可能性があります。

確定申告は所得がいくらから必要になる?

基礎控除は38万円

収入がある人に対して控除額一律38万円が適用されるのが基礎控除と呼ばれるものです。ですから、年収が38万円以下であれば、基礎控除が適用されることにより38万円が収入から差し引かれて、課税の対象となる所得が0円となります。これにより、収入がある場合でも、年収38万円以下であれば確定申告の必要はありません。これを超える場合には、何によって得た収入かによってで課税の対象となる金額が異なります。不明な点は住所地を管轄する税務署に問い合わせてみましょう。

アルバイトの場合は源泉徴収書をチェック

学生など、アルバイトをしている人の場合、確定申告をすることで還付を受けられる可能性があります。アルバイトの給与で税金を前払いしている場合、年末調整がされていれば問題はないのですが、年末調整が必要とされているにも関わらず実行されていない場合が少なくありません。
まず、給料明細書で所得税が引かれているかどうかを確認し、引かれている場合には源泉徴収書を発行してもらいます。源泉徴収書に記載の支払額が103万円以下なら、給料所得控除65万円を差し引くことで所得額が38万円以下となるために納税義務は発生しません。よって、確定申告することで還付を受けることができます。