意外と知らない!? 保健所の本来の役割とは

公共施設まっぷ
  1. 意外と知らない!? 保健所の本来の役割とは
2013年12月12日

意外と知らない!? 保健所の本来の役割とは

私達の日々の健康と暮らしを守ってくれる保健サービスには、たくさんのものがあります。

意外と知らない!? 保健所の本来の役割とは

私達の健康を守ってくれる保健所

私達が毎日を健康で安心して暮らせるよう、都道府県、政令指定都市、中核都市などに設置されているのが保健所です。保健所には、医師、保健師、栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、獣医師、薬剤師、精神保健福祉相談員、理学療法士、作業療法士、聴覚言語専門職などが配置されています。

こんなにたくさんの保健サービス

保健所で行われている保健サービス、保健・医療・福祉に関する相談には次のようなものがあります。

●子どもと母親が対象のもの
・身体に障がいのある子どもに対する必要な医療給付
・小児慢性特定疾患への医療費の補助
・お母さんや子どものための療養の相談など

●女性の病いや不妊治療などに関するもの
・特定不妊治療を受けている夫婦に対しての治療費の助成
・女性のための健康相談や不妊に関する相談など

●感染症の検査
・エイズ、クラミジア、B型・C型肝炎、結核に関する相談や検査

●健康増進のための事業
・健康増進のための生活習慣病予防の教育や相談

●難病対策
・難病に関する相談、難病患者の社会参加への支援、家族の相談、交流支援

●心の健康についての相談
・心の健康で悩んでいる人の相談

●飲食業や公衆衛生への許可・指導
飲食店、旅館などの営業許可や監視指導

●動物の保護・管理
狂犬病の予防や飼い犬などの動物の保護、管理など