障害者であれば知っておくべき障害者控除

公共施設まっぷ
  1. 障害者であれば知っておくべき障害者控除
2015年02月27日

障害者であれば知っておくべき障害者控除

障害者は例外なく、健常者にはないハンディキャップを背負っています。だからこそ控除される部分があるのです。

障害者であれば知っておくべき障害者控除

ハンディキャップがあるからこその障害者

身体障害者、精神障害者など、障害者と一言で言ってもさまざまな障害を抱えた人々がいます。しかしどんな障害者であれ、健常者にはないハンディキャップを抱えているということは共通しています。だからこその障害者なのです。

健常者と同じように生きるのは難しい

そんなハンディキャップを抱えた障害者が、健常者と同じ条件下で生きてゆくのは難しいものです。障害によっては不可能な場合もあります。そこで利用するべきなのが障害者控除です。いったい障害者控除とは、どのような控除なのでしょうか?どうすれば控除を受けることができるのでしょうか?

障害の種類や程度によって変わる

障害者控除は障害の種類や程度によって、受けられる控除の内容や金額も変わってきます。通常は所得税などの税金の控除を指すことが一般的ですが、公共機関の利用料が割引になるなどのサービスも受けられるのです。

まずは障害者手帳をもらいましょう

障害者控除を受けるにあたっては、まず障害者手帳をもらう必要があります。各市町村の役所や役場に申請し、医師の診断書など書類を提示することで障害者手帳をもらうことができるのです。障害者手帳をもらったら、その場でどんな控除が受けられるのか、相談してみましょう。