知ってるようで知らない、失業保険について

公共施設まっぷ
  1. 知ってるようで知らない、失業保険について
2014年03月31日

知ってるようで知らない、失業保険について

失業保険というものの概要について、知っているようで意外と知らないという人は少なくありません。今回は失業保険のなんたるかについて解説します。

知ってるようで知らない、失業保険について

行政上、失業保険という言葉は使いません

まず、失業保険という言葉が行政で使われることはありません。失業保険とは正式名称ではないのです。一般的に失業保険と呼ばれている保険は、正しくは雇用保険のことです。では、雇用保険とはどういった保険なのでしょうか?

給料から天引きされている雇用保険

雇用保険は失業保険と呼ばれていることからもわかるように、主に失業した人に給付される保険です。サラリーマンの方は給与明細に記載されているので知っていると思いますが、通常は給与から天引きされています。この天引きが、万が一失業したときの生活を守ってくれるのです。

雇用保険の受給はハローワークに相談

失業した際に雇用保険を受給するためには、まずハローワークで手続きする必要があります。もちろん全ての人が受給できるわけではありません。雇用保険に未加入だった場合や、退職理由などによっては受給できないこともあるのです。

ほとんどの失業者が受給可能です

しかし自己都合による退職、リストラなど、ほとんど多くの場合は雇用保険を受給することが出来ます。まずはハローワークの窓口に相談し、自分は雇用保険の受給が可能なのか、受給するためにはどのような手続きが必要になるのかなど、詳しく問い合わせてみるべきでしょう。