失業はチャンスでもある?人生の選択肢を広げる公共職業訓練

公共施設まっぷ
  1. 失業はチャンスでもある?人生の選択肢を広げる公共職業訓練
2014年01月30日

失業はチャンスでもある?人生の選択肢を広げる公共職業訓練

失業し公共職業訓練を受けるということは、自分の人生の選択肢を広げ、新しい道に踏み出すチャンスを作るということでもあるのです。

失業はチャンスでもある?人生の選択肢を広げる公共職業訓練

失業したら検討するべき公共職業訓練

失業者はハローワークで、公共職業訓練を受けるための手続きをすることが出来ます。公共職業訓練校に入学し、就職に必要なスキルや知識を身につけることが出来るのです。いったい、公共職業訓練校とはどのような場所なのでしょうか?

公共職業訓練校ってどんな場所?

公共職業訓練校とは、その名の通り職業訓練の受講ができる学校です。その地方の主産業に合わせた職業訓練を受講できる学校が多く存在しています。雇用保険に加入していた失業者が通学する場合には、通学期間中手当てを受給できることもあります。公共職業訓練校には、人材を欲している企業から問い合わせが来ることもあるため、在学中に企業を紹介してもらえる場合もあるのです。

どんな人が公共職業訓練校に通うの?

公共職業訓練校には失業者以外も通うことが出来ますが、通う人のほとんどが事故やリストラなど同じような事情によって仕事を失った人たちです。入校後はそのような仲間と一緒に自身のスキルアップや資格の取得、そして最終目標である就職を目指すことになります。仲間同士で励ましあうことが出来るのも、公共職業訓練の魅力なのです。

失業をポジティブに考える!

公共職業訓練校では、それまでの職種とは一切関係のない訓練を受けに来る人も少なくありません。営業職だった人が技術職にチャレンジしに来ることもあるのです。もちろん未経験者の中途採用は難しいものには変わりはありませんが、公共職業訓練校に通えば検討してくれる企業は確実に増えます。失業をポジティブに考え、新しい人生に踏み出すチャンスに変えることも出来るのです。