ハローワークって、実際にはどんな場所?

公共施設まっぷ
  1. ハローワークって、実際にはどんな場所?
2014年01月28日

ハローワークって、実際にはどんな場所?

失業などによって仕事を探す人がまず向かうべき場所、それがハローワークです。ハローワークでは仕事探しに必要なさまざまな行政サービスが受けられます。

ハローワークって、実際にはどんな場所?

失業する前に知っておきたいハローワークで出来ること

近年、失業者は急増しています。ハローワークの混雑具合がそれを物語っていると言えるでしょう。しかし、あなたはハローワークがどんな場所なのか、ご存知でしょうか?仕事を探す場所、程度の認識ではないでしょうか?今のご時世、失業は多くの人にとって身近な恐怖です。仕事を失う前に、ハローワークがどんな場所でなにが出来る場所なのかを知っておくべきでしょう。

仕事探しだけじゃない!

「ハローワークは仕事を探す場所」たしかにこれは大正解です。しかし、ただ探すだけの場所ではありません。仕事探しに付随して必要になるさまざまな行政サービスを受けることができるのです。

まず相談するべきは雇用保険

たとえば雇用保険の給付です。雇用保険に加入していた場合、失業した際に雇用保険を受給することができるのです。もちろん失業の理由などによっては受給資格が得られないこともありますが、ほとんどのケースで受給資格が得られます。申請期間が決められていますので、失業したらまずはハローワークで雇用保険の相談をしましょう。

他にもさまざまなサービスが受けられます!

他にも面接訓練、職業訓練校の紹介、カウンセリングなど、ハローワークではさまざまなサービスを利用することが出来ます。もしも失業をしてしまった場合、まずはハローワークに出かけましょう。