上京警察署。京都府京都市上京区御前通今小路下る馬喰町692-1。

公共施設まっぷ
  1. 上京警察署

上京警察署

住所
京都府京都市上京区御前通今小路下る馬喰町692-1
電話番号
分類
警察署
URL
最寄駅
最寄のバス停
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Pc133179

紙に描かれたデッサン、水彩などは、西洋の美術作品の中でも最も光による劣化の影響を受けやすいもので、古い作品の展示ほど展示室内の照明が暗くなる傾向にあります。

美術作品を劣化させる熱や光美術館を訪れた際に、展示室内の照明が暗いことが気になったっという経験をお持ちの方も多いでしょう。美術館で展示されている美術作品は、熱や光が当たることで色が褪せたり、薄くなったりする恐れがあります。こうしたことを防ぐために、展示室内の照明には紫外線や熱線を遮断するフィルターを取り付けると同時に、美術作品の素材や性質に応じて光の量を調節しています。
特に、海外から借りる...
Pc133239

撮影禁止の主な理由は、美術作品の著作権保護のため、カメラが発するフラッシュ光による美術作品へのダメージを防ぐため、撮影のために同じ場所に留まるなどの行為が他の鑑賞者の妨げとなるため、などです。

撮影禁止の理由は著作権保護などほとんどの美術館の企画展や特別展では、展示室内の美術作品の撮影が禁止されています。その理由として、美術作品の著作権保護のため、カメラが発するフラッシュ光による美術作品へのダメージを防ぐため、撮影のために同じ場所に留まるなどの行為が他の鑑賞者の妨げとなるためなどが挙げられます。
美術館の中には常設展での撮影が可能な場合もあります。しかし、撮影禁止マークがついている...
Hobby vol1 22

監視員は、来館者が作品に触れないよう、また、館内での撮影や携帯電話での通話がないように注意を促します。

学芸員ではなく監視員美術館に行くと、美術作品が展示されている館内の片隅に、椅子にじっと座っている人を見かけます。この人は監視員と呼ばれ、展示されている美術作品の安全を守ることと、展示室内の鑑賞環境を良好に保つために監視をすることが仕事です。
美術館には、美術作品の収集、展示や次の展覧会の企画、イベントの準備をすることなどを仕事とする学芸員という人がいますが、監視員は学芸員ではありません。監視...