環境美化センターリサイクルプラザ。茨城県行方市麻生3268番地の14。

公共施設まっぷ
  1. 環境美化センターリサイクルプラザ

環境美化センターリサイクルプラザ

印刷
住所
茨城県行方市麻生3268番地の14
電話番号
分類
地方公共団体
URL
最寄駅
最寄のバス停
新原(0.9km) 新原西(1km) 行方警察署前(1.3km)
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
おすすめ この公共施設を見た人は、以下の公共施設も見ています。
08

利用条件の緩和、料金設定の見直し、平日の利用を促す催し物の開催など、稼働率を上げる工夫がされています。

全国の平均は約57パーセント公共ホール、公会堂の稼働率、利用率などは、自治体によって情報が公開されていることが多いようです。公共ホール、公会堂の稼働率は、催し物、イベントの内容、立地条件、収容人数、施設の築年数、設備などによって異なりますが、ある年の全国にあるホールの稼働率の平均は、収容人数が2,000人以上のもので67パーセント、1,500~1,999人のもので60パーセント、1,000~...
0 88

地域においてクラシック音楽を身近なものにするために、オーディションで選考された新進演奏家を公共ホールに派遣します。

クラシック音楽を身近なものとするために公共ホール音楽活性化事業は、財団法人地域創造による事業で、地域においてクラシック音楽を身近なものにするために、オーディションで選考された新進演奏家を公共ホールに派遣し、地方公共団体などと共催でコンサートなどを実施するものです。
また、企画から公演までの過程で企画、制作能力を高めるための研修機会を提供し、地域の公共ホールスタッフの育成、地域文化の活性化を図...
Cx034 l

企業名が先行し、施設の場所や機能が分かりにくくなる、短期間で施設名が変わってしまう可能性があるなどのデメリットがあります。

施設の維持、運営費を賄う財源確保ができるネーミングライツとは、市区町村の保有するスポーツ施設、ホールなどの施設に名称を付与する命名権のことです。命名権の購入者は、市区町村の保有する施設の名称として、企業名、商品名などを冠した愛称を付与し、使用する代わりに、市に対して命名権料を支払います。これにより、施設の所有者側である市区町村は、施設の維持、運営費を賄う財源確保が可能となります。

市区町村...